MENU

やっぱり遺伝が原因?若白髪を改善する10の方法

自分の生活習慣の改善で若白髪にならない・改善するには以下を覚えておくと良いでしょう。

 

食事を考える

まずは食事内容を考えてみましょう。
生野菜や良質のお米、自然の調味料などを使って、化学薬品を口にしないようにしましょう。
添加物などを多く入っている食事、ジャンクフードや市販の弁当などは添加物が多いので、髪の毛にも良くありませんし、第一体に悪いものです。
たまにならご褒美として食べても良いですが、毎日や連続して食べることはやめましょう。

 

 

1日3食をやめてみる

1日3食きっちり食べることは健康の基本ですが、実は昔の人は1日2食だったとか。
この際、髪の毛のために1日2食で活性酸素を減らしましょう。
食べることによって活性酸素が生まれますから、その分減らすことにより細胞を活性化させることが出来るのです。

 

 

ブラッシングは念入りに

お風呂に入る前にブラッシングをしましょう。
念入りにすることによって、シャンプーの摩擦から髪の毛を守ってくれます。
またブラッシングでほこりやチリを殆ど防ぐことが出来ますから、シャンプーに時間をかける必要がないのです。

 

 

湯シャンするクセをつける

いっそのことシャンプーをやめてみましょう。
湯シャンでも充分汚れを落とすことが出来ます。
湯シャンで落とせる汚れは8割程度と言われていますから、殆どの汚れは落とすことが出来るのです。

 

 

しっかり睡眠を確保する

7時間くらいの睡眠を確保出来れば、若白髪改善になります。
質の良い眠りのために、部屋はまっくらにすることがポイントです。

 

 

ストレスをためない

また、仕事やプライベートでストレスがかかっていると白髪は年齢関係なく出てしまいますから、ストレスを解消するものを見つけておくと良いでしょう。

 

 

白髪は抜かないでカットする

白髪を抜くと、毛根が傷んでしまうのでよくありません。
ですから白髪が目立つなと感じたら、カットしましょう。

 

 

運動をする

簡単で軽い運動を行いましょう。
1日1時間程度運動をすることにより、肌や細胞が活性化するので白髪予防にもなります。

 

 

悩みをノートに書き出す

色々悩んでいることをノートに全て書いてしまいましょう。
するとなんだこんなことか、とあとから思うことが出来ます。
ストレス発散のためにもノートに気持ちを書くということを覚えておくと良いでしょう。

 

 

マッサージで血流改善

頭皮のマッサージを行いましょう。
メラノサイトが刺激され、髪の毛を生やそうという働きをしてくれます。
シャンプーのついでにでも良いですし、湯船につかっている時に手が開いているからとマッサージをしても良いでしょう。